タロット占い

タロット占い

占いに興味を持てない方でも、”タロットカード”といった名前くらいは聞いた事がある人が多いかもしれません。

タロットカードは、占いをするに当たって用いるツールの一つです。

その特徴としては、印象深い絵柄と、その絵が何を表しているかという説明文です。

タロットカードは、様々な用途に利用されています。
時に、トランプのスペード・クラブ・ダイア・ハートに相当する種類もあるということです。
(似てはいますが、起源はどちらかとかって言う話は私には分かりません。。。)

タロットカードというのは、その神秘的な絵柄の描かれたカードに、それぞれ意味があります。

例えば、教皇であれば「規則」といったキーワードを表すものであるため、
そのカードの意味から、その人の現状における状態からの将来や、対処すべき問題を占うものとなります。

このタロットカードというのは、とても印象的なカードの絵柄から、占いの道具という部分を超え、ドラマや映画などのメインとなることもしばしば・・。
(マンガで言えば、タロットカードにちなんだ能力同士がぶつかる冒険アクションマンガが知られていますね。。やれやれだぜ・・・。)

このタロットカードは、ゲームにも用いられていることもありますが、占いの道具としても、そのタロットカード一枚一枚に込められた意味などを利用することで、占いを行うものなのですが、
このタロットカードを用いる占いというのは、実は「現段階」の自分自身であったり、他人の状況しか占いをすることが出来ないとの事らしいです。(間違ってたらすみません。)

ですので、状況によっても、その人の占いの結果と、状況が離れてしまうこともある・・のではないかと思いますね・・。

ちなみに、タロットを使った占いで言うと、その種類は結構あるとのことで、フォーチュン・オラクル法や、ホロスコープ法などといった占いの方法が無数にあるといわれております。

その方法は千差万別といったところでしょうか。

また、そのタロットの出方に関しても意味が全く違ってくるのだそうです。

上記に記した「教皇」でいうと、正位置でいうと「教え」や「寛大」といった意味があるのに対し、逆位置と呼ばれる位置でd他とすると、「狭量」「怠惰」といった意味になるのだそうです。

こうした位置の関係も上手く使い、その人の現段階の状況から、気になることを占うというのが、このタロット占いということだと思います。

タロット占いを筆者が初めて知ったのが、上記に出てきた某マンガからでした。
占い・・とは実を言うと全く関係は無かったのですが、タロットカードをモチーフにした、背後霊のようなカタチが現れる能力同士で、旅をしながらバトルを行うというもの。

ですが、タロットカードの神秘な雰囲気はそのままに、ミステリー風味溢れるお話で、現在でもコアなファンが付いているマンガの一つといえるでしょう。

ちなみに、僕がこの中で好きだったのは、「教皇」をモチーフにした能力・そして、「愚者」をモチーフにした能力でした。

このマンガの中では、時々タロットカードが出てきます。これで、タロットカードが占いにも使える神秘的なものなのだ・・ということを知ったひとは、結構多いのではないでしょうか。 

(ト)に属する占い

  • 六爻占術
  • 周易
  • 断易(五行易、鬼谷易)
  • 梅花心易
  • 銭占(コイン占い)
  • 六壬神課
  • 太乙神数
  • 奇門遁甲
  • ルーン占い
  • タロット占い
  • ダイス占術
  • ジプシー占い
  • 水晶占い
  • ホラリー占星術
  • ダウジング
  • 御神籤(おみくじ)
  • 阿弥陀籤(あみだくじ)
  • 辻占い(辻占、つじうら)
  • 花びら占い

recommend

おしゃれはんこ

ダイビング 和歌山

Last update:2018/7/4